面接必勝テクニック

たった一回の面接で結果が出てしまいます。良い印象を与えることはもちろんですが、志望企業を面接するくらい余裕をもって取り組みましょう。

絶対聞かれる2つの質問

志望動機を聞かれたとき、どう答える?

志望動機を聞かれたとき、新卒者であれば「夢」を語ることも出来ますが、中途採用の場合は、安易な返答は致命傷になりかねます。

採用担当者を納得させるためには、なぜ、「この仕事?」「なぜこの会社?」を選んだのかを具体的に説明しなければなりません。考えてみれば、採用担当者も採用理由を会社側へ報告しなければなりません。

「うちの会社でキャリアが生かせるらしい」などという抽象的な内容ではなく「うちの会社の○○で、自分の□□経験を△△のように生かせるという人材です」というくらい具体的な内容を期待しているはずです。

なかなか見つからないという方は、面接を受ける会社について充分に観察し、施設や店舗のように気軽に訪問できるところであれば、発見できるまで通うべきです。

退職理由(転職理由)を聞かれたらどう答える?

転職するということは、退職経験者ということです。一回は何らかの理由で会社を辞めたわけですので、採用担当者としては、当社でも辞められたら?と考えるのはごく自然なことです。

今から入ろうとする会社の採用担当者に対して、前職場のグチを話したりすれば、プラスに反映する要素はほとんどありません。実際に面接を行ってみればわかりますが、聞いていて非常に気分悪くなります。

たとえそうであっても、言うべきではありませんね。なるべく、志望動機につながる前向きな理由をより具体的に答えるのがいいでしょう。不満が残っていても、せめて、前職場で不可能だった仕事上の目標をあげるくらいにしたほうが無難です。

前向きな意見でも、「やりがいのある仕事がしたい」という理由は避けた方がいいでしょう。新卒者までは許されますが、社会人となれば意義ややりがいは自分で見つけるものです。むしろ見つかっていなければならないものなのです。適職診断で何かいいヒントを見つけるのもいいと思います。

「入社できればどこでもいい」「雇ってくれるのなら、どんな仕事でもやります」という安売りになってしまわないよう、事前チェックはしっかりとやっておきましょう。

どうですか?見つけられそうでしょうか?スキルを訴えなくても、具体的なポイントを伝えることもできます。ホームページを見るだけで簡単に見つかる場合もありますので、参考にしてください。