求人情報のココを確認

気になる求人情報!自分の会社選びは慎重に!

応募条件の確認

未経験者は「未経験者歓迎」を優先するべき?

会社が求めているものは、能力が劣る応募者ではない。転職未経験者で、勘違いしている人が多いことに、「未経験者歓迎」があります。

これは「未経験者優先」ということではありません。「未経験者の応募も歓迎します」ということです。ちょっと意味のとらえかたを間違えると「他の色に染まっていない人がいいのかな?」などと、都合の良いことを考える人もいるので注意してください。

趣旨としては、実務経験者でなくても、適性や基礎力のある人なら、柔軟性や吸収力に期待しようということでしょう。

いずれにしても応募者の数が多いと、選考で優先度は低くなっていくと思います。認識しておきたいのは、求人企業が求めているのは、決して能力の劣る人材ではないということ。

意欲アピールも必要ですが、自分に不足している実務経験を補うだけのプラスαをアピールできないと競争には勝てないと思うくらいの気持ちが大切です。適性や基礎力の診断チェックに、適職診断を試してみるのもいいですね。

年齢制限オーバーでも応募できる?

仕事内容によっては、確かに年齢がハンディになるケースがありますが、求人広告の年齢制限は、あくまで目安と考えていいと思います。私の経験では、20~30歳のスタッフが必要な場合は、22歳~28歳くらいと掲載します。そうすると大体、後2~3歳くらいの方から応募が来ます。

応募する側も、広告会社もそのくらいは考慮して掲載しています。ただし、これだと応募数が減るので、即時に人が必要な時は、18歳~35歳とする時もあります。今度は、これより年齢が高い時ですが、応募者の幅は更に広がります。30歳~40歳と掲載した場合、どれくらいの年齢の方が応募されると思いますか?これくらいの年齢になると、30歳以下の人からはほとんど応募がありません。ただし、上限は、はるかにオーバーされた方から応募がきます。今までの経験ですと、50~53歳くらいの方がきましたね。

採用はしませんでしたが、本当に魅力のある人材でしたら採用していたかもしれません。今は、引退した団塊世代に目をつけている企業も多いので、ここ数年で、年齢に対する企業の考え方は、ますます柔軟になっていると思いますね。ここで基準となるのが、

  • 客層とのマッチング
  • 吸収力感性
  • 体力
  • 在勤スタッフとの年齢バランス

などがあげられます。したがって、問合せ電話や応募書類、面接などで年齢オーバーに対するカバーを行うことで、許容数幅が5~10歳くらい広がる例は少なくありません。

ハローワークや転職サイトの求人検索など、パソコンで探してもヒットしないという方は、条件入力の歳にちょっと工夫してみましょう。

  • 実年齢より5~10歳若く入力
  • 勤務地エリアを広げる
  • 希望給与を3~5万円減に
  • 志望職種の幅を広げる(目安の確認に適職診断がオススメです)

とにかく、年齢オーバーだからと言って、あきらめない気持ちが大切です。

コンデンスリッチフェイスとは?

コンデンスリッチフェイスは、良質な部分だけ抽出した自身の脂肪を注入する方法です。注入術は濃縮した健全な脂肪細胞を使用し空気に触れないように作業を行ないます。通常の25倍の圧力で遠心分離をかけ、死活細胞などの不純物を取り除いてから希望の部位に注入します。自分の脂肪を使う脂肪注入ではしこりになってしまったり組織が壊死するリスクがあり、ヒアルロン酸は永久的ではない上に異物性肉芽腫というしこりができてしまう可能性もあり、いくらプチ整形で手軽に受けられるといっても術後のリスクを考えると不安ですよね。コンデンスリッチフェイスなら、ヒアルロン酸や脂肪注入に比べると定着率も30パーセントと高く体内に吸収されてなくなることもないので何度も施術しなくてもいいというのが最大の魅力です。他の注入術に比べて高価ではありますが、リスクの低さや定着率の高さを考えると自然に綺麗になりたい方には最適な施術法ではないでしょうか。

新宿美容外科横浜院 http://tokushige-clinic.com/