問い合せ&応募のマナー

気になる求人企業へのファーストコンタクト!

電話連絡のマナー

些細な質問でも名前を言わないとダメ?

問合せ電話では、どんな場合でも名乗るのが基本。これは、転職活動の基本というより社会人としての基本といったほうがいいでしょう。

あなたが、逆の立場だったら、名乗らない相手に、真剣に答えるようなことはしないでしょう?「○○情報誌の求人をみましたが、給与について詳しくご説明して頂けますか?」一見、礼儀正しい言い方だと思うかもしれませんが、はっきり言ってNGです。「○○情報誌を拝見した□□という者ですが、お忙しいところすみませんが…」質問の場合は、こんな感じで切り出すのがいいでしょう。

給与や転勤などの気になる項目について「偽名」を使ったり「友達」に頼んだりするケースがあります。時期や質問内容などで、大体検討がつきます。(本人はバレないと思っているみたいですが…)顔が見えないからといって安易に考えるのは禁物です。

問合せ電話こそ、ファーストチャンスだと考え、緊張感をもってかけるようにしましょう。転職に対しては、まじめな気持ちで取り組むことが大切です。もちろん、大成功への近道でもあります。

採用担当者の携帯電話にかけてもいい?

最近の求人には、会社の電話番号以外に担当者の携帯電話が記載されていることがあります。

会社の電話ではなく携帯電話にかけてもいいの?と疑問を抱く方もいると思いますので、少し説明させていただきます。

業界・業種によっては求人広告に採用担当者の携帯電話の番号が記載されていることがあります。どのような場合かといいますと、

  • ほとんど外出しているので、なかなか応募者からの電話に対応できない
  • 勤務エリアが広く内線でもなかなかつかまりにくい
  • 採用担当者が本社の人間ではなく、現地の委託社員の場合

などが考えられます。「問い合わせ先」として記載されているのでしたら、かけるのは全く問題ありませんが、かける時間や出られたときの状況を確認して簡潔に話すなどの気配りは大切です。

まずは、きちんと名乗ってから、最初に「今、お話してもよろしいでしょうか?」という一言。また、相手の状況しだいでは「かけ直したほうがよろしいでしょうか?」などの言葉がスムーズに出るように心構えしておきましょう。